7月上旬のご予約受付開始しました!!

発達障害に起こりやすい聴覚過敏の症状と原因とは!?職場でできる対策


日常生活や職場で、周囲の音が過剰に気になる場合、それは聴覚過敏かもしれません。ADHDや発達障害に多くみられる聴覚過敏の症状や原因、職場でできる具体的な対策について詳しく解説します。カウンセリングの効果やメリットも紹介し、日常生活や仕事がより快適になるための方法を提案します。


聴覚過敏とは?

聴覚過敏は、周囲の音が通常よりも強く感じられ、不快感やストレスを引き起こす状態を指します。これは感覚過敏の一種で、特定の音が過度に気になるため、日常生活や仕事に支障をきたすことがあります。他の感覚過敏には以下のようなものがあります:

  • 視覚過敏
  • 触覚過敏
  • 味覚過敏
  • 嗅覚過敏

これらの感覚過敏が同時に現れることもあります。


聴覚過敏の症状

聴覚過敏の特徴は、音に対する過敏な反応です。以下は、聴覚過敏の一般的な症状の例です。

一般的な症状

  • 特定の音が耐え難いほど不快に感じる
  • 普通の音量でも耳を塞ぎたくなる
  • 騒音の多い環境が苦手

具体的な音の例

  • 扇風機やエアコンの音
  • 電話の鳴る音
  • 自動車のエンジン音
  • オフィス機器の音
  • 人の話し声や笑い声

これらの音が日常生活や仕事中に頻繁に気になると、集中力の低下やストレスの増加につながることがあります。


聴覚過敏が引き起こす問題

聴覚過敏は、音が不快に感じられるだけでなく、さまざまな身体的症状を引き起こすことがあります。具体的には以下のような問題があります:

  • 耳の奥に痛みを感じる
  • 頭痛やめまい
  • 集中力の低下
  • 疲れやすくなる
  • 不眠症

これらの症状が重なることで、生活の質が大きく低下する可能性があります。


聴覚過敏の原因

聴覚過敏の原因はさまざまで、大きく以下の3つのカテゴリーに分けられます。

1. 耳の機能に関する問題

耳の機能に問題がある場合、例えば中耳炎耳鳴りが原因で聴覚過敏を引き起こすことがあります。

2. 脳の機能に関する問題

発達障害や神経系の疾患が原因となることがあります。例えば、自閉症スペクトラム偏頭痛が聴覚過敏と関連していることがあります。

3. 精神的ストレス

ストレスや不安が原因で聴覚過敏になることがあります。例えば、うつ病不安障害が聴覚過敏の引き金となることがあります。


聴覚過敏の治療方法

聴覚過敏そのものを治す治療法は確立されていませんが、原因に応じた対処が可能です。

耳の機能に問題がある場合

耳鼻咽喉科での診察を受け、適切な治療を行います。

脳の機能に問題がある場合

神経内科や精神科での診察を受け、薬物療法や心理療法を行います。

精神的ストレスが原因の場合

心療内科や精神科でカウンセリングやストレス管理の指導を受けることが有効です。


大人が職場でできる聴覚過敏の対策

聴覚過敏を持つ大人が職場で集中力を保つための具体的な対策を紹介します。

環境調整

職場の環境を調整することで、音の刺激を最小限に抑えることができます。例えば、デスクの配置を変えたり、静かな場所で作業するようにすることが考えられます。

耳栓やノイズキャンセリングヘッドホンの使用

耳栓やノイズキャンセリングヘッドホンを使用することで、周囲の音を遮断し、集中力を高めることができます。

ADHD・ASD・発達障害の方用に作られた耳栓

休憩を取り入れる

定期的に休憩を取り、リラックスする時間を設けることで、聴覚過敏の症状を軽減することができます。

ストレス管理

ストレスを減らすための方法を学び、実践することで、聴覚過敏の症状を和らげることができます。瞑想や深呼吸、軽い運動などが効果的です。


カウンセリングの効果とメリット

カウンセリングは、聴覚過敏に対処するための有効な手段です。以下にその効果とメリットを紹介します。

1. 自己理解の向上

カウンセリングを通じて、自分の聴覚過敏の症状や原因を深く理解することができます。これにより、適切な対策を講じるための第一歩を踏み出すことができます。

2. ストレスの軽減

カウンセリングでは、ストレス管理の方法やリラクゼーション技術を学ぶことができます。これにより、聴覚過敏の症状を軽減することが期待できます。

3. コミュニケーションスキルの向上

カウンセリングを通じて、職場や家庭でのコミュニケーションスキルを向上させることができます。これにより、周囲の理解と協力を得やすくなります。

4. 全体的な健康の向上

定期的なカウンセリングは、心身の健康を維持し、聴覚過敏の症状を和らげるのに役立ちます。カウンセリングにより症状の原因となるストレスを取り除いていくことや、対策を実践していき目標を設定することで一歩ずつ症状を緩和させていくことができます。

まずは、カウンセリングを受けよう!


聴覚過敏に悩んでいる方は、まずはカウンセリングを受けてみましょう。専門のカウンセラーがあなたの症状や悩みに寄り添い、適切な対策を見つけていきましょう。オンラインカウンセリングのため、忙しい方でも気軽に相談できます。ADHDに対するカウンセリングの予約は、こちらからお申し込みください。

カウンセリングのご予約はコチラ
カウンセリングのご予約はコチラ