7月上旬のご予約受付開始しました!!

発達障害のひとり反省会とは?原因と効果的な対策方法


発達障害は、神経発達の異常により生じる特定の認知や行動のパターンが特徴的な障害です。発達障害には、以下が含まれます。

  • ・自閉症スペクトラム障害(ASD)
  • ・注意欠陥・多動性障害(ADHD)
  • ・学習障害(LD・SLD)

これらの障害は、生まれつきの脳の機能の違いによって引き起こされるものです。個々の特性により症状が重複している傾向が多いと言われています。

発達障害のひとり反省会とは?

ひとり反省会

発達障害ADHDの特性を持つ人々は、昼間の出来事について、落ち着いたときや夜になると1人で後悔してしまうことがあります。これが「ひとり反省会」と呼ばれる現象です。この現象は、ADHDの特性と密接に関連しています。ひとり反省会が起こる、主な流れを振り返ってみましょう!

昼間の出来事の振り返り

ADHDや発達障害の人々は、日中に多動性や衝動性が強く現れることが多く、これが原因で様々な出来事が起こります。例えば、衝動的に発言してしまったり、計画性のない行動をとってしまったりすることがあります。これらの行動は、その場ではあまり気にならないかもしれませんが、夜になると一人で振り返ることが多くなります。

夜の静けさと自己反省

夜になると、昼間の刺激が少なくなり、心が静かになりやすいです。この状態になると、昼間の行動について冷静に振り返ることができ、そこで初めて後悔や反省が生じます。これは、発達障害の人々が特に感じやすい現象です。

ひとり反省会の原因とは?

ひとり反省会がおこる主な原因は、以下のとおりです。

  • ・昼間の自律神経と多動・衝動性
  • ・感受性と共感の低下
  • ・判断力の向上と後悔
  • ・夜の副交感神経と感情の変化

それぞれ詳しく説明していきます。

昼間の自律神経と多動・衝動性

ADHDや発達障害傾向の人々は、昼間に自律神経が活発に働くため、多動や衝動性が強く現れます。これは、常に何かに集中しようとする一方で、様々な刺激に対して過敏に反応してしまうためです。そのため、昼間は無意識のうちに多くの失言や失敗をしてしまうことが多くなります。

感受性と共感の低下

昼間は、話すことや考えることに意識が集中しているため、感受性や共感が低下することがあります。これは、他人の感情や反応を十分に読み取ることができず、自分の行動がどのように受け取られるかを考える余裕がないためです。その結果、後になって自分の行動が適切でなかったことに気付き、反省することが多くなります。

判断力の向上と後悔

一人になり落ち着くと、昼間の出来事を冷静に振り返る時間が多くなります。自分の行動について十分に考える時間ができると、自己批判が強まり、後悔の念が生じます。特に、他人に対して失礼なことを言ってしまったり、不適切な行動をとってしまった場合、その後悔は非常に強くなります。

夜の副交感神経と感情の変化

夜になり、リラックスすると心が落ち着き、感情が表面化しやすくなります。このため、昼間の出来事についての反省や後悔が強く感じられるようになってしまいます。特に、眠る前などの静かな時間帯は、これらの感情が最も強くなりやすいです。

ひとり反省会の改善方法

では、ひとり反省会が長期化すると、慢性的にネガティブな気分になったり、他人との会話が不安になってコミュニケーションから遠ざかるようになってしまいます。そのため、早い段階からひとり反省会を克服していくことが大切です。
ひとり反省会の改善方法を4つご紹介します。

会話の練習と自己抑制

昼間の衝動的な行動を抑えるためには、話すぎないように交代で話す会話の練習が有効です。具体的には、自分が話す時間を制限し、相手に十分な時間を与えることで、衝動的な発言を減らすことができます。

確認のプロセスの習慣化

思ったことを口にしてしまい雰囲気を悪くしがちな場合、話す前に確認のプロセスを入れるように習慣化することが重要です。例えば、自分の言葉が相手にどのように受け取られるかを一瞬考えてから話すようにすると、失言を減らすことができます。

リラックス方法の実践

リラックスした状態を維持するためには、マインドフルネスや心が落ち着く音楽を聴くことが効果的です。これらの方法を取り入れることで、昼間の緊張やストレスを和らげ、夜に冷静に振り返る際の自己批判を減らすことができます。

専門家の助けを借りる

一人でこれらの対策を実施することが難しい場合は、専門家に相談しながら少しずつ実践していくことが重要です。カウンセリングなどの専門的な支援を受けることで、自分の行動を客観的に見つめ、改善するための具体的なアドバイスを得ることができます。

ひとり反省会の改善にはカウンセリングが効果的!

カウンセリング

カウンセリングは、発達障害の人々がひとり反省会を減らすための効果的な方法です。カウンセリングを通じて、専門家からのサポートを受けることで、自分の行動や感情を理解し、適切に対処するためのスキルを身につけることができます。また、カウンセリングは、自己肯定感を高め、ストレスを軽減する効果もあります。自分の感情を整理し、ポジティブな思考に切り替える方法を学んでいきましょう!


カウンセリングのご予約はコチラ
カウンセリングのご予約はコチラ